• ホーム
  • 初めての方へ
  • 会員制度について
  • セミナー開催情報
  • パートナー企業紹介
  • 当協会について

お知らせ

士業ITアドバイザー協会は2016年12月31日をもちまして、Business IT 推進協会(BIPA)と併合いたしました。

Business IT 推進協会(BIPA)についてはホームページをご覧ください。
>Business IT 推進協会

2016年11月15日(火)11月度クラウド定期研究会を開催いたしました

11月15日(火)に東京にて、11月度クラウド定期研究会を開催いたしました!

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

今回は、年内最後の特別回となりましたが、いかがでしたか?

 

◆利便性とセキュリティの両立

 丸紅情報システムズ 金融・情報サービスソリューション事業部第一部営業 足立南海子様

 

士業の業界でもさまざまなクラウドサービスが登場し、私たちも複数のサービスを利用しています。

複数のクラウドサービスを同時に使用することは利便性と合わせて注意すべき点もあります。

大きくはセキュリティの問題ということになるのですが、

今回足立様には具体的にどのような問題があり、どのように対処すべきなのかをお話しいただきました。

セキュリティに不安があったとおっしゃる方も多く、その対策に熱心に耳を傾けられていました。

 

◆世界最先端のIT国家から学ぶ、士業の進むべき道とは

 eSparQNow Founder & CEO 小森努様

 

税理士・会計士がいないというコラムが公開され話題になったエストニアですが、税理士や会計士が全くいないわけではありません。

小森様にはエストニアがどういう国なのか、その魅力やリアルな課題を含め実際に現地で起きていることをお話しいただきました。

最先端の国から見習うべき点や、今後起きえる問題などを学び、これからの士業にどのように活かすべきなのか非常に参考になりました。

エストニア視察ツアーも開催されており、実際に参加したいとおっしゃっている方も多くいらっしゃいました。

 

◆パネルディスカッション

 「政府がIT化する中で士業が中小企業のためにできること」

 

パネルディスカッションでは小森様にお話しいただいた内容に対して税理士、弁護士、ITベンダーの立場からそれぞれ考えをお話しいただきました。

やはり皆様心配されていたのは士業の仕事が今後減っていくという内容でした。

ただ、エストニアでもそうですが、完全になくなることはなく、段階的に起きる変化に対して十分な準備をすることが重要です。

変化が起きることは避けられないので、その変化がどのように起き、どのように対応するのか非常に興味深いディスカッションとなりました。

 

研究会後には懇親会を行い、今後の士業のあり方やIT化についてお話しされていました。

 

ご登壇いただいた皆さま、ありがとうございました。